hospital

不妊治療の価格

不妊治療は決して簡単なものではありません。高度な医療技術と高い費用が必要になります。まずは適切な治療のアプローチが大切になっており、そのためにはクリニック選びも大切でしょう。

» 詳細を確認する

産婦人科のトレンド

産婦人科と聞いて近寄りがたいイメージを持っていることもあるでしょう。しかしながら近年ではラフに利用吸うことが可能な取り組みを積極的に行なっており、コレまでの産婦人科のイメージとはだいぶ異なってきました。

» 詳細を確認する

不妊治療の現在

妊娠に適している年齢について

最近、晩産化がどんどん進んでいることは世間でもよく話題になっています。実際、厚生労働省の調査においても初産の平均年齢が30歳をこしたという結果が出てきているほどです。もちろん、中には40代でも妊娠し無事出産をしている人もいます。ですが、やはり妊娠の適齢期といわれている20代に比べるとその確率は低くなるのが現実です。 さらに、妊娠ができたとしてもその後の流産、死産のリスクもより高まるという調査結果も出ているので、子供が欲しいという夫婦、カップルはできるだけ早い段階からその決断をしておく必要があるのです。 不妊治療に際しても同様で、20代の夫婦、カップルのほうが治療の効果がより高まるという傾向があります。

不妊治療と夫婦の年齢の関係

もちろん、比較的高齢の夫婦でも不妊治療に挑戦するというケースは少なくありません。可能性がゼロではない限り、挑戦を続けるという人も中にはいるでしょう。ですが、やはり不妊治療が成功するという可能性はさほど高くはなく、成功したとしてもそれはごく稀なケースであるといえるでしょう。 不妊治療においては女性側の年齢ばかりに注目が集まっている傾向にありますが、実は男性側の年齢によっても妊娠の可能性は大きく変わってきます。というのも、男性の場合、年齢を重ねるごとに精子の状態は悪くなりやすく、こちらも40代を超えると生殖機能が十分に機能しなくなってしまうケースも少なくないのです。 そのため、やはり不妊治療を開始するのはできるだけ年代が若いうちからというのがベストだといえるでしょう。もちろん、可能性はゼロではありませんが、それでもより確実に子供が欲しいというのであればできるだけ早く、20代のうちから治療を開始しておくべきなのです。

妊婦に適した栄養

妊婦さんに適した栄養は様々ですが、まずは専門的な知識を付けて見るのが大切でしょう。栄養と言っても姙娠段階の時期によって大きく変わります。正しい栄養を摂ることで胎児にもいい影響をもたらすことが可能です。

» 詳細を確認する